So-net無料ブログ作成
検索選択

「読んだ」と「見た」 [読書・学問]

昨日(2010年10月4日(月))・今日(2010年10月5日(火))と夏季休暇(10月に「夏季」というのもおかしな話なのだけれど、7月から9月までの3か月の間に計6日を取得しなければならないのを、忙しさにかまけ、この時期となったのである。)をとったので、福岡市総合図書館より借りてきていた梅棹忠夫『知的生産の技術』(岩波書店、東京、1975年6月25日)を今朝から読んでいる。

その102ページに、つぎのような一節があった。

【「よんだ」と「みた」】
実際問題としては、ついよみはじめてみたものの、おわりまでよむにたえない、くだらない本だということを発見することもあり、あるいは自分にはむつかしすぎて歯がたたぬのに気がつくこともある。そういうときには、途中でなげだしてしまうのも、やむをえない。そういう場合をもかんがえて、読書の技術としてわたしが実行しているのは、つぎのような方法である。まず、はじめからおわりまでよんだ本についてだけ、わたしは「よんだ」という語をつかうことを自分にゆるすのである。一部分だけよんだ場合には、「よんだ」とはいわない。そういうときには、わたしはその本を「みた」ということにしている。

うーん、けっこう読書はしてきた(自分で2006年12月6日(水)から作っているリストをみると、2010年10月5日(火)現在で、福岡市総合図書館から借りた本が235冊、書店などから買った本が104冊の計339冊であった。)つもりだけれども、そのうち「よんだ=読んだ」というものはどれだけあるのだろう。そのほとんどは「みた=見た」になるかもしれないなあ (>_<)

いずれにしても本を読むことは好きなので、いい本に出会ったら、「見た」で終わらせるのでなくて、「読んだ」といえるようになりたいと思っております (^_^)v

〔福岡市総合図書館〕
http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/

〔梅棹忠夫〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E6%A3%B9%E5%BF%A0%E5%A4%AB

〔『知的生産の技術』〕
http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A5%E7%9A%84%E7%94%9F%E7%94%A3%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%A2%85%E6%A3%B9-%E5%BF%A0%E5%A4%AB/dp/4004150930/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1286251226&sr=8-1

〔岩波書店〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%9B%B8%E5%BA%97

〔福岡市総合図書館から借りた本〕
http://www009.upp.so-net.ne.jp/DQN-Officer/booklist_A.xls

〔書店などから買った本〕
http://www009.upp.so-net.ne.jp/DQN-Officer/booklist_B.xls

〔こんな本を読んできた〕
http://www009.upp.so-net.ne.jp/DQN-Officer/

〔秩序と静けさ〕
http://gj-officer.blog.so-net.ne.jp/2014-11-03


2010-10-05 14:19  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

因幡 銀太郎

  ご無沙汰しております。
  以前から、DQNさんはいつも本を片手にしている読書家のイメージがありましたが、それでも、これまでに読んだ本339冊というのは驚きですね。見習わなくては…。
  でも、出会った本を「見た」で終わらせるのは必ずしも悪い事ではないと思いますよ。走り読みや途中リタイヤでもそれなりに何かしら得るモノはあるんじゃないかな…。どっちかというと、手にした本は「読んだ」と言えなくてはならないというプレッシャーが、かえって本を敬遠させるのではないかと心配になります。
  年間読書数20冊にも届かない私がナマイキ言ってすいません。(しかも長文で)
  では、また。

by 因幡 銀太郎 (2010-10-08 23:29) 

DQN吏員

因幡銀太郎さん、コメントをありがとうございました。

本を読むことは好きなので、気楽に「見た」をまじえて
やっていこうと思います。それでも、仕事関係の本は、
「読んだ」といえるようにしていけたらと考えています。

私の場合は乱読ですから、因幡さんのように20冊でも
じっくり読んでいくのは、すばらしいことだと思います。
by DQN吏員 (2010-10-09 18:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]