So-net無料ブログ作成
検索選択

ベータカプセルとウルトラアイ [思い・考え]

科学特捜隊のハヤタ隊員は、ベータカプセル(から発するフラッシュビーム)を使ってウルトラマンに変身する。ハヤタ隊員(と一心同体であるウルトラマン)にとっては、命のようなものである。

ところが、このハヤタ隊員、ときにベータカプセルをなくしたり、忘れたりする。結局は見つかったり、届けてもらったりするので、事なきを得るのであるけれど、困ったことであるのは間違いない(^_^;)

そこで、私が携帯電話についてやっているように、紐をつけて首からさげるというのはどうであろう。私の場合だと、携帯電話をなくしたり、忘れたりというようなことはけっこう防げている。

ウルトラ警備隊のモロボシ=ダン隊員すなわち恒点観測員340号(ウルトラセブン)にとってのウルトラアイも同じである。(実際、モロボシ=ダン本人が、「ぼくにとって、ウルトラアイは命なんだ。」と発言している。)

ただ、ベータカプセルにしてもウルトラアイにしても、まさか穴を開けるわけにはいかないだろうから、やっぱり紐つきのケースに入れて持ち運ぶということになるのであろうなあ。今では、ウルトラマンもウルトラセブンも光の国そしてM78星雲に帰ってしまっているので、再び地球に暮らすようになった際の参考としていただければと思うのであります(^_^)v

〔科学特捜隊……ウルトラマン〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3#.E7.A7.91.E5.AD.A6.E7.89.B9.E6.8D.9C.E9.9A.8A

〔ハヤタ隊員……ウルトラマン〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3#.E9.9A.8A.E5.93.A1

〔ベータカプセル〕
http://www.geocities.jp/yocchi2019/newpage36.html

〔フラッシュビーム……ペンライト〕
http://homepage2.nifty.com/zenmaitarow/sab98.htm

〔ウルトラマン〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3

〔ウルトラ警備隊〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E8%AD%A6%E5%82%99%E9%9A%8A

〔モロボシ=ダン……ウルトラセブン〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3_(%E6%9E%B6%E7%A9%BA%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC)#.E3.83.A2.E3.83.AD.E3.83.9C.E3.82.B7.E3.83.BB.E3.83.80.E3.83.B3

〔恒点観測員340号……ウルトラセブン豆知識〕
http://www002.upp.so-net.ne.jp/MJ-12/mame/mame.html

〔ウルトラセブン〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3

〔ウルトラアイ〕
http://seigyoya.net/KAZU/ultraeye.htm

〔光の国そしてM78星雲〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/M78%E6%98%9F%E9%9B%B2


2011-11-13 21:39  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アランの『幸福論』を読む [読書・学問]

今年(2011年)の11月に入ってより、福岡市西図書館から借りてきているエミール=シャルティエ(訳:神谷幹夫)『アラン幸福論』〔岩波文庫〕を読んでいるところである。

この文庫本、「幸福論」とタイトルは厳めしい散文集なのだけれど、325ページと手ごろな分量で、読んでいくと、なんだか認知行動療法に通ずるものを感じる。

認知行動療法については、講談社現代新書から大野裕さん著の『はじめての認知療法』という本が出ていて、買ってはきたものの、いまだ積ん読の状態である。そういえば、大野さんとの共著がある細川貂々さん原作の映画『ツレがうつになりまして。』も観にいかねばなあ(^_^;)

〔福岡市西図書館〕
http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/spots/detail/5

〔エミール=シャルティエ……エミール=オーギュスト・シャルティエ〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8

〔神谷幹夫〕
http://www.kyouin.hokusei.ac.jp/hguhp/KgApp?kyoinId=yyyyggggggm

〔『アラン幸福論』〕
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E8%AB%96-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3/dp/4003365623

〔岩波文庫〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB

〔認知行動療法〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E8%A1%8C%E5%8B%95%E7%99%82%E6%B3%95

〔講談社現代新書〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8

〔大野裕〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E8%A3%95

〔『はじめての認知療法』〕
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%99%82%E6%B3%95-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A4%A7%E9%87%8E-%E8%A3%95/dp/4062881055

〔大野さんとの共著……『ツレと貂々、うつの先生に会いに行く』〕
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%83%AC%E3%81%A8%E8%B2%82%E3%80%85%E3%80%81%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AB%E4%BC%9A%E3%81%84%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F-%E5%A4%A7%E9%87%8E-%E8%A3%95/dp/4022508434

〔細川貂々〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%B2%82%E3%80%85

〔『ツレがうつになりまして。』〕
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AC%E3%81%8C%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%82


2011-11-06 21:15  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]